ホーム明快◎けいざいニュース> 新しい首相を決める選挙と経済

明快◎けいざいニュース

新しい首相を決める選挙と経済

2021/09/30
image_economicnews128

※開けない場合は「保存」または「名前を付けて保存」を選択してください。

 けんた:先日、菅義偉首相が、自由民主党(自民党)の総裁選に立候補しないことと、2021年9月末の総裁任期をもって首相を退任する意向を表明したというニュースを見ました。

 熱血先生:そうだね。つまり、日本の首相がかわるということだね。

 しょうこ:昨年秋には、アメリカで大統領選が行われて、バイデン新大統領が選ばれました。その時は、国民が直接投票を行ったと思いますが、日本では違いますよね?

 熱血先生:そうだね。2人とも授業で習ったかもしれないけど、ちょっと復習してみよう。日本は、国会議員が投票を行う仕組みだよ。民主主義国家では、大きく分けて「大統領制」と「議院内閣制」の2つの政治のタイプがある。大統領制をとる国にはアメリカや韓国があるんだけど、国家のトップの大統領は一般的には有権者の直接選挙で選ばれるんだ。一方、日本、そしてイギリスなどがとっている議院内閣制では、トップは首相あるいは内閣総理大臣と呼ばれ、この場合は、国会議員の中から選挙で選ばれる。そして、その選挙は国会議員の投票によって行われるよ。

 しょうこ:国会議員が首相を選ぶんですよね。

 熱血先生:首相を選ぶ投票権を持つ国会議員は、僕ら有権者による選挙で選ばれるわけだから、国民の意思は間接的に反映されているんだよ。

 けんた:自民党の総裁選はどのような関係があるのですか?

 熱血先生:日本の首相は、国会議員の投票によって選ばれるから、国会で最も多い議席を持つ政党の総裁が選ばれるのが慣例で、今は自民党が該当するね。だから、自民党の総裁、つまり政党のリーダーを選ぶ総裁選が話題になるんだ。総裁選に投票できるのは、自民党所属の国会議員(衆議院・参議院)に加え、自民党の党員が対象となる。つまり、この総裁選で選ばれた総裁が、国会で行われる内閣総理大臣指名選挙(首班指名選挙)を経て、天皇陛下からの任命を受けて、新しい首相になる。
そして、国会では衆議院と参議院があるうち、今年は任期が4年とされる衆議院の任期満了の年でもあるから、衆議院の総選挙へと続くよ。この総選挙の投票は、一般の有権者が行うことになるね。時期は未定だけど、遅くても11月28日までには実施されることになっている。

 けんた:もしこの総選挙で自民党が最多の議席を得られなければ、別の党から首相が誕生することになるのですか?

 熱血先生:そういうことになるだろうね。

 しょうこ:首相がかわったら経済にはどんな影響があるのでしょうか?

 熱血先生:国のリーダーがかわるわけだから、なんらかの影響はあるだろうね。実際、過去にも新しい首相誕生への期待感から、日本の株式市場でも株価が大きく上昇する場面があったよ。また、新しい首相が誕生すると新たな政策を打ち出してくるだろうから、それによって経済が活性化されることも期待されるね。

イメージ