ウォーキング in金融経済タウン

銀行

銀行の仕事って?

①預金業務と②貸出業務

みなさんの中には、銀行に預金をしている人もいるでしょう。でも、銀行に預けられたお金(預金)が、どのように使われているかを知っていますか?銀行は、単に預金を大事に守っているだけの金庫番ではありません。たくさんの預金者から預金という形でお金を集め(これを「預金業務」といいます)、それを大きな資金としてまとめて、資金を必要としている会社などに貸し付けているのです(これを「貸出業務」といいます)。

会社は、原材料や設備の購入のために資金を調達する必要があります。その方法には、「間接金融」と「直接金融」という2つの方法があり、このうち銀行などの金融機関から会社がお金を借りる方法を「間接金融」といいます。銀行は、会社が必要な資金を提供するという重要な役割を担っています。

間接金融

③為替(かわせ)業務

給料や年金の受け取りや、電気代・水道代といった公共料金の支払いなど、会社や個人などの依頼に基づいて、お金を送金したり受け取ったりする「為替業務(決済業務)」も銀行の重要な仕事です。銀行は、会社や個人がお金の決済をスムーズかつ確実に行えるようにして、経済活動を支えているのです。

「預金業務」「貸出業務」「為替業務」は、銀行の3大業務と呼ばれています。

銀行の3大業務

変わりゆく銀行

金融自由化の流れを受けて、銀行の仕事も変わりつつあります。「預金」「信託*1」「ローン」といった銀行ならではの品揃えから、最近では「生命保険」「損害保険」「国債」「投資信託」の販売、さらには証券会社の委託を受けて「株式」や「債券」等の購入・売却にかかる注文を証券会社に取り次ぐ証券仲介業務まで扱うようになりました。

*1 信託銀行が多数の顧客から集めた資金を合同運用し、そこから得た収益を元本に応じて支払う商品。

イラスト

イラスト

このページのトップに戻る