ウォーキング in金融経済タウン

金融庁

金融庁の役割って?

金融は国の経済にとってなくてはならない重要なものです。国は、金融が安定的かつ円滑に機能するために、金融機関などに対して規制や監督などを行います。その業務を行うのが金融庁です。

金融の規制・監督には、「金融システムの安定」「利用者の保護・利用者利便の向上」「公正・透明な市場の確立」という三つの大きな政策目的があります。

金融庁は、証券会社や銀行などの金融機関が守るべきルールを定めたり、正しく業務を行っているかについて検査をしたり、また、証券市場に参加する人がルールを守って取引しているかチェックするなど、重要な役割を担っています。

金融庁の業務

金融庁の組織

金融庁には、「総務企画局」「検査局」「監督局」「証券取引等監視委員会」

「公認会計士・監査審査会」という部署があります。

組織図

このページのトップに戻る