ホームウォーキング in 金融経済タウン>金融庁

ウォーキング in 金融経済タウン

金融庁

金融庁の役割って?

金融は国の経済にとってなくてはならない重要なものです。国は、金融が安定的かつ円滑に機能するために、金融機関などに対して検査・監督などを行います。その業務を行うのが金融庁です。

金融庁では、①金融システムの安定/金融仲介機能の発揮、②利用者保護/利用者利便、③市場の公正性・透明性/市場の活力のそれぞれを両立させることを通じて、企業・経済の持続的成長と安定的な資産形成等による国民の厚生の増大を目指すという目標を掲げ、金融行政に取り組んでいます。

金融庁には、「総合政策局」、「企画市場局」、「監督局」「証券取引等監視委員会」「公認会計士・監査審査会」という部局があり、金融に関する制度を企画・立案したり、証券会社や銀行などの金融機関がルールを守って正しく業務を行っているか検査・監督をしたり、また、証券市場に参加する人がルールを守って取引しているかをチェックしたりしています。