ホームウォーキング in 金融経済タウン>日本銀行

ウォーキング in 金融経済タウン

日本銀行

金融政策では、どんなことをするの?

公開市場操作(オペレーション)

日本銀行が市中銀行などを相手に、国債などを売り買いすることによって、世の中に出回るお金の量を調節し、市場の金利を変化させる方法です。

国債などを買うことを「買いオペレーション」といい、世の中に出回るお金の量を増やし、金利を下げる効果があります。

逆に国債などを売ることを「売りオペレーション」といい、世の中に出回るお金の量を減らし、金利を上げる効果があります。


預金準備操作

民間の銀行などは、預金者から預かったお金の一定割合を日本銀行に預け、その残りを貸し出しに回しています。この一定割合のことを「預金準備率」といいます。

日本銀行はこの「預金準備率」の割合を変更することで、世の中に出回るお金の量を調節します。

この割合が低いと、民間の銀行が日本銀行に預けておく金額が少なくて済み、より多くのお金を貸し出すことができるので、世の中に出回るお金の量が増えます。

反対に、この割合が高いと、銀行はより少ないお金しか貸し出すことができなくなるので、世の中に出回るお金の量が減ります。

1

2

3