ホームウォーキング in 金融経済タウン>日本銀行

ウォーキング in 金融経済タウン

日本銀行

金融政策ってなにをするの?

日本銀行が行う金融政策

金融政策とは、国の中央銀行である日本銀行が、物価や景気を安定させるために行う政策のことです。

たとえば、景気が悪くなってモノが売れなくなり、モノの値段(物価)が下がってきたとします。すると日本銀行は、世の中に出回るお金の量を増やし、お金を貸し借りするときの金利を下げるように調節します。これにより、会社は銀行からお金を借りやすくなり事業を拡大するなど、経済活動が盛んになって、モノを買う人も増えるため、物価は下がりにくくなります。

逆に、景気がどんどん良くなってモノが売れすぎ、モノの値段(物価)が上がってしまうと、お金を持っていても買えるモノが少なくなってしまいます。

そうした心配が出てくると、中央銀行は世の中に出回るお金の量を減らして、金利を上げるように調節します。すると、会社の生産など、経済活動が抑えられ、

また人々もモノを買うことより預金を優先するようになるため、物価も上がりにくくなります。

このような金融政策を行う、代表的な手段が次の2つです。

①公開市場操作(オペレーション)

②預金準備操作

かつては「公定歩合(現 基準割引率および基準貸付率)操作」という手法が金融政策の柱でしたが、現在では、主に公開市場操作が活用されています。

1

2

3