ウォーキング in金融経済タウン

日本銀行

日本銀行ってなにをしているの?

日本銀行の役割

日本銀行は「日銀(にちぎん)」などとも呼ばれ、わが国の中央銀行として、一般の銀行(市中銀行といいます)とは異なる3つの役割を担っています。

①日本銀行券(お札)を発行する、「発券銀行」としての役割。

②市中銀行など、金融機関からの資金の受け入れや貸し出し、国債や手形の売買を行う、「銀行の銀行」としての役割。

③国のお金の出し入れなどを行う、政府の銀行としての役割。

また、日本銀行は、これらの役割を通じて金融や経済の安定化を目的に、金融政策を行っています。

イラスト

このページのトップに戻る