ホームウォーキング in 金融経済タウン>証券取引所

ウォーキング in 金融経済タウン

証券取引所

売買取引のルール② 成行注文

成行注文とは、「いくらでもいいから買いたい」「いくらでもいいから売りたい」というように、価格を指定しない注文方法です。「成行注文」は「指値注文」より売買の成立が優先されます。

【成行注文で売る場合】

1.価格を決めて株式を売りたい(指値注文)という人が3人います。そこに、いくらでもいいから売りたい(成行注文)という人が来ました。


2.この場合、先に並んでいた「指値注文」の3人より「成行注文」の人が優先され、売買が成立します。そして、一番高く買ってくれる人の価格(ここでは768円)で売買が成立します。

【成行注文で買う場合】

1.価格を決めて株式を買いたい(指値注文)という人が3人います。そこに、いくらでもいいから買いたい(成行注文)という人が来ました。


2.この場合、先に並んでいた「指値注文」の3人より「成行注文」の人が優先され、売買が成立します。そして、一番安く売ってくれる人の価格(ここでは770円)で売買が成立します。

1

2

3

4

5

6