ホームまなぼう!金融経済金融経済の基礎知識>経済のしくみ

まなぼう!金融経済

金融経済の基礎知識

ひとつの国の経済では「家計、企業、政府」の3つの経済主体が活躍しています。
家族の生活を維持する経済である「家計」は、家族が働いて得た収入の一部を将来のために貯蓄しています。
逆に、足りない場合は銀行などの金融機関からお金を借りています。
自動車や家といった、比較的大きな買い物をする際に、よく利用されます。

「企業」は、さまざまな製品をつくるために、工場を建て、人を雇い、機械を買い、原材料や部品を仕入れています。
それに必要な資金(お金)を企業自身で用意することができない場合、不足している資金を金融機関などから借り入れたり、株式や債券を発行して調達します。

「政府」は、公共サービスを提供するための費用を税金でまかなっています。 しかし、税金による収入が不足した場合は、債券(国債など)を発行して資金を調達します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

確認テスト
1 2 3