ホームまなぼう!金融経済金融経済の基礎知識>経済のしくみ

まなぼう!金融経済

金融経済の基礎知識

銀行等からの借入金や、社債を発行して調達したお金は、返済期限が来たら必ず返さないといけません。
これらは「負債」と呼びます。
一方、株式を発行して調達したお金は、企業としては返済義務がないため永久に使用できます。
これを「資本」と呼びます。

負債のことを「他人資本」ともいいます。
また、資本のように返済する義務のないもの(企業の事業で得た利益を蓄えたものを含む)を「自己資本」ともいいます。

なお、借り入れや社債で集めた資金は、たとえ会社の業績が赤字でも、あらかじめ決められた利子を支払わなければいけませんが、
株式で集めた場合に株主に支払う配当は、企業の業績に応じて増やしたり減らしたりすることができます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

確認テスト
1 2 3