明快◎けいざいニュース

「つみたてNISA」がスタート

イメージ

しょうこ:「つみたてNISAってどんな制度かしら」と、昨日お母さんが話していました。これを機会に、少しずつ積み立てていく方法で、証券投資に挑戦したいと考えているようです。

熱血先生:以前、証券投資によって得られた売却益や配当金などに税金がかからない優遇制度の「NISA(少額投資非課税制度)」について話したのを覚えてるかな?

けんた:はい。うちのお父さんはその後、早速その制度を使って、注目している上場会社の株式を買っているようです。

熱血先生:そのNISAは2014年から始まったんだけど、この2018年からは、それと似た制度で「つみたてNISA」というのがスタートしたんだよ。つみたてNISAはその名の通り、積み立てながら投資をする人を優遇する制度なんだ。これまでのNISAをつみたてNISAと区別するために一般NISAと言うことにしようか。この一般NISAは、年間120万円までの証券投資が非課税になるんだけど、つみたてNISAの場合は年間40万円までになる。

けんた:優遇される年間の投資額はつみたてNISAの方が少ないのですね。

熱血先生:うん。でもその代わり、非課税になる期間が長いのがつみたてNISAの大きな特徴だよ。一般NISAは非課税の期間が購入した年から数えて5年間だけど、つみたてNISAの場合は20年間と期間が長くなっているんだ。

けんた:それぞれ違った特徴があるのですね。

熱血先生:一般NISAとつみたてNISAは両方を同時に使うことができないということだ。どちらか一方を年ごとに選んで利用することになるよ。

けんた:うーん、どちらが有利なのでしょう?

熱血先生:どちらが有利か不利か、というのではなくて、それぞれの特徴を知った上で、自分はどんな投資の方法が合っているかを考えることが重要になってくるね。税制の優遇期間が長く設定されているつみたてNISAは、どちらかと言えば、今は証券投資に回せる資金は限られているけど、コツコツ長く続けて増やしていきたい人に向いているね。

けんた:確かに、僕たち含めて若い世代は、年間に120万円までって言われても、そんなに証券投資に回せるお金を持っていないですもんね。それより、少しずつでも長く税制優遇のメリットがある方が嬉しい気がします。

熱血先生:この制度を使える対象者はいずれも20歳以上からだけど、20歳といってもまだ収入のない学生とかも少なくないだろうしね。

しょうこ:確かにそうですね。

熱血先生:あとは、非課税の対象となる金融商品に違いがあるのもポイントだよ。 一般NISAは上場株式や株式投資信託が対象になっているけど、つみたてNISAは基準を満たした株式投資信託とETFに限られている。これは、「長期・積立・分散投資」という長期投資の趣旨に合った商品を選んでもらって、初心者でも安心して続けられるように配慮されているからだと思うよ。

けんた:つみたてNISAは、将来のために資産形成をしたい若い人たちに向いていると言えますね。選択肢が広がるのはいいことですよね。

熱血先生:そうだね。これを機会に証券投資に興味を持つ人が増えていけば、経済に与えるメリットも大きくなると期待しているよ。

しょうこ:気を付けなければいけないことはないのですか?

熱血先生:一般のNISAと同じく、つみたてNISAの口座で発生した損失はないものとされるんだ。売買で損失が発生しても他の上場株式等の配当金や売買益等との損益通算ができない点はデメリットとして注意しておくべきだね。

しょうこ:長期・積立・分散投資に適した投資信託に限られているとはいえ、よく考えて投資対象を選ぶ必要があるということですね。

イメージ