明快◎けいざいニュース

ロンドンオリンピックの経済効果

イメージ

けんた:いよいよロンドンオリンピックが始まりますね。

しょうこ:オリンピックの開催地はロンドンだけど、日本の経済にも良い影響をもたらすのでしょうか?

熱血先生:4年に一度の世界中が注目するイベントだからね。先生も期待しているよ。
電通総研という調査会社の調べでは、今回のロンドンオリンピックが日本国内にもたらす消費押し上げ効果は3,687億円と推計しているよ。でも、前回2008年に開催された北京オリンピックのときと比べると、30%少ない予測にとどまっているんだ。

しょうこ:えー、どうしてだろう。

熱血先生:オリンピックが行われる年に、いちばん大きな消費が期待されるのがデジタル家電などの購入なんだ。これには薄型テレビや録画機、スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末などが該当するのだけれど、今回の調査でも、これらの消費効果が全体の60%以上を占めているんだよ。

けんた:オリンピックを観るためにテレビや録画機などを買い替える人が多いということですね。

熱血先生:そうだね。ところが、去年の地上デジタル放送への完全移行に向けて、すでに多くの人が新型のテレビに買い替えてしまっていて、今年はその反動で、テレビを買う人が少なくなっているんだよ。

しょうこ:それで北京オリンピックのときより予想数字が少なくなっているんですね。

熱血先生:ほかにも、北京のときより不利な条件がいくつかあるんだ。ロンドンは北京よりずっと遠くて時差もあるから、観戦ツアーに参加する人も少ないと予測されている。それに、競技が行われる時間は日本では夜中だから、外で食事をしながら観戦する人も少なく見込まれていることも要因の一つだよ。

けんた:なるほど。

熱血先生:でも、実際にどうなるかはまだわからないぞ。消費効果はもっと大きくなる可能性だってあるんだ。さきほどの調査では「消費押し上げ効果3,687億円」と見ているけれど、オリンピックで日本人選手が活躍すれば、波及効果が上乗せされて、8,451億円に達する可能性があると予測しているんだ。

けんた:日本人選手が活躍すればするほど、経済効果も大きくなるんですね!

熱血先生:例えば、オリンピックが盛り上がれば、ビールや飲料などの売り上げも上がるだろう。それに、活躍した選手が着ているウエアや靴などを提供するスポーツメーカーなどの売り上げアップも期待できるよね。

しょうこ:確かにそうですね!

熱血先生:金メダルをとった選手がテレビ出演すればテレビの視聴者も増えるし、選手をテレビコマーシャルに使う動きが出れば、その商品の売り上げも伸びると期待されているよ。

けんた:いろいろなところに波及するんだなあ。

熱血先生:それから今年のロンドンオリンピックから、本格的に3D(3次元)放送が始まるようだ。残念ながら日本では海外で配信される3Dの映像は見られないようだけど、これを機会に3D対応のテレビへの関心も高まるかもしれない。スマートフォンやタブレット端末でオリンピックを観戦したいという人も多いよ。

しょうこ:日本人選手が大活躍して、景気が良くなるきっかけになるといいですね。頑張って応援します!

イメージ